第15回東部地区自衛隊拳法選手権大会について

 今大会の団体戦第1部において、決勝トーナメント第1回戦で昨年全自第3位の空挺団が破れるという波乱があり、激戦が繰り広げられる大会になった。
 決勝戦においても、第32普通科連隊Aチームと滝ヶ原Aチームのスコアが2−2となり、団体戦の終止符を大将戦による決着がなされた。
 この激闘を制したのは、第32普通科連隊Aチームの大将 工藤3曹が、鮮やかな勝利をおさめ、大会2連覇に多大な貢献をした。
 団体戦第2部においては第12特科大隊Aチームが第2普通科連隊と対戦、見事連覇を果たした。
 また、個人戦においては、軽量級以外は全自大会優勝者が順当に優勝し、軽量級では長安3曹が初優勝した。
 大会結果と写真については、「各競技会結果」と「ギャラリー」に掲載しております

Leave a Reply

Your email address will not be published.